ランニングと海が

海まで走って一休み。帰りも走るつもりが、気が変わってのんびり歩く。そんな日々も気づけば二十数年。50代も半ばを過ぎたgayの身辺雑記。

今日も「出張」(光陰矢のごとし)

営業職ではないので、普段は職場の中にいて仕事をしている。たまに、外に出るのはどんなに近くても、短時間であっても「出張」という扱いになる。

昨年もそうだったと思いながら、昼前に職場を出て、JR で一時間ほどの会場まで出かけた。今日の用件は、おおざっぱに言うと「情報交換」。関係者が一堂に会して、それぞれの「今年度の計画や要望」を伝えて、持ち帰り調整するというものだ。

ウチの職場からの要望は、昨年までと大きな変化もないので、先方の計画をお聞きして、「万事よろしく…」とお願いして私の任務は完了。会の全般に渡って、きちんと計画が立ててあるので、スムーズに終了した。何事もこうありたいと思ったところ。

半日余りの「出張」でも、出かけて普段と違うことをするだけで、気分は上々。たまたま故郷の近くの会場だったので、終わった後に幼なじみと会うことにした。(気づいた方もいらっしゃるだろう、昨年も全く同じことをした。有り体に言えば、そのために出張したのである。)

1年ぶりに会うと、それぞれの近況を話すだけで時間が瞬く間に過ぎて行く。話題が「思い出」に移った頃には、もうお開きにしなければならない時刻。「光陰矢のごとし」は、ちょっと大袈裟な気もするが、昔の人はうまいこと言うなぁと感心する。

次に集まる時は、子供の頃に通っていた店(そのものはとっくに閉店してしまった)に似た雰囲気の店を探して、ノスタルジーに浸ろうというプランが出来上がった。

いい歳をして何を考えているんだか…と呆れられそうだが、歳を取ったからこその楽しみだと開き直って、実現しよう。

今年初の

仕事の都合で、今週は今日一日だけの休み。やりたいことと、やらなければならないことを勘案して、冬物の洗濯と、ランニング。昼食を挟んで、自転車で海、今年初の日光浴というプランを立てた。

f:id:nobuon109:20180514153439j:plain

海の家とはちょっと違うが、ビーチのお店がすでにオープンしている。ここだけ見ると、夏本番という感じがする。天気は最高で、風が少しあるので暑すぎることもない、絶好の日和である。

f:id:nobuon109:20180514161942j:plain
去年買った水着は気に入っている。「効果」はまだ(そんな時が来るのか?)ない…。

直帰

半日だけ、職場を離れて「出張」した。用件は、とある説明会に参加して、話を聞き資料を受け取ってくるというもので、全く負担にはならない。「子供の使い」という表現があるがまさにそれ。

16:30に終わる予定で、その通りに終了したのでそのまま直帰することができた。通勤路の途中からだったが、服装や荷物の都合で帰宅ランはせず、散歩を兼ねてブラブラ歩くことにした。

f:id:nobuon109:20180510203204j:plain

一月ほど前に花見をした、いつものランニングコースでもある公園。久しぶりに晴れて、爽やかな風も吹いていた。走っている時には気づかないことがいろいろあるのかもしれない。時にはゆっくり歩くのも、良いものだ。

日常に戻って

GW の休みはあと二日間残っている。三日前の今頃70キロの大会の40キロ過ぎを走っていたのが、遠い昔というか、ウソのような感じがする。

筋肉痛も疲れも、すっかりなくなって日常生活が戻って来た。走ろうかと思っていたが、朝から雨が降っているので、のんびり過ごすことにした。

たまっていた新聞を読み、ネットのニュースも一通り目を通したら、「関西遠征」中にほとんど活字を見ていなかったことに気づいた。芸能ニュースでドラマ、「おっさんズラブ」が話題になっている。見てみようと思っている。

f:id:nobuon109:20180506132014j:plain

大阪の難波をブラブラしている時に、たまたまたどり着いた吉本の殿堂。本当に大勢の人が行き交う街の中で、「一人で楽しく過ごすことができる」ことの喜びと、「気の合う人と一緒に過ごす」楽しさの両方を味わいながら、旅先での時間も「日常」なんだと実感した。自分にとって心地よい生活を、当たり前のように送っていると確認できたのは、幸せなことだと改めて思う。

最終日

今回の旅も、今日で終わる。格安ホテルは、不便なところもあるが、その分本当に料金が安いので利用価値はあると思う。例えば、部屋にティッシュがないとかタオルやアメニティが不十分だとか、あげれば切りがない。そもそもそういうことだと認識していれば、文句を言う筋合いではない。部屋にゴキブリが出たのは、さすがに驚いたがそれはそれで。

f:id:nobuon109:20180505120859j:plain

昨日出かけた「鶴橋」の画像。知る人ぞ知る、コリアンタウンである。薦められて行ってみたら、非常に印象的だった。紋切り型の表現になるが、そこだけが異次元という感じ。タイムスリップしたような気分も味わえて、楽しめた。

f:id:nobuon109:20180505121518j:plain

夏には屋外プールが「社交場」となる真田山。屋内プールで、ウォーキングと軽く一泳ぎ、ジャグジーでのんびりしたら、疲れも抜けた。「景色」がよければ、まさに極楽というところだろうが、そこだけが残念だった。

ゴール

GW も後半、読者の皆さんは思い思いの休日を過ごしておられることだろう。

私は年に一度の70キロの大会に参加すべく、一昨日から関西に来ている。

昨日、風はあったものの雨が上がり、気温も高くないまずまずのコンディションだった。

今回は前回よりも良いタイムと、「止まらない(休まない)」を目標にしていたが、前者はしっかりクリア、後者は微妙な感じで、総合的には合格点と言えるだろう。一番の収穫は終盤の疲れた状態での走り方をつかんだような気がすること。「気がする」とは、何とも曖昧な自信のなさそうな話だが、その通りなので仕方ない。本当に「つかんだ」のであれば、最後の5キロもしっかり走れたはずだが、実際はバテてしまって歩いたから。

気の早い話だが、来年のゴール地点で今回何かを「つかんだ」かどうかが分かる。他人事のようだが、結構楽しみだ。
f:id:nobuon109:20180504174414j:plain

ひょんなことで知り合った方が、新世界でお店をやっていらっしゃるので、遊びに行った。本当は誰にも教えたくないので、あえてお店の名前はイニシャルと伏せ字で、書いておこう。
「C×××××× R×××」
今回のゴールは、実はここだったのかもしれない。

4月の総括(203)

今日から5月。連休中という方も多いことだろう。私はほぼ暦通りで、今日は出勤。明日から5連休となる。

年度始めのバタバタがやっと収まり、この連休で一息つくという感じは、今の職場に異動してからの4年間繰り返し経験したことだが、読者の皆さんと似通ったところもあるかもしれない。

f:id:nobuon109:20180501180015j:plain

通勤路の銀杏並木が、青葉で季節の変化を教えてくれている。

さて、4月の総括。帰宅ランニングもまずまず出来て、三時間走もやったから大会前の準備としては合格点だろう。月間の走行距離は203キロ。

明日から大会参加のため(それを口実に)3泊4日の一人旅をする。天気予報によれば、関西地方は雨になるとのこと。よりによって…と思うがこればかりは仕方ない。4日は晴天らしいので、ボロボロの体を引きずって「ビーチ」に行ってみようか…。