ランニングと海が

海まで走って一休み。帰り道は歩いてしまい家に帰ってビールを飲んで、しばし反省。そして、また同じことを繰り返す。50代gayの身辺雑記。

さぶ

山本周五郎の作品。
何度も読んで、その度に自分の中の汚れたものがほんの少しだけ、浄化される感じです。

トーリーは至ってシンプル。表向きの主人公が苛酷な運命に翻弄され、ギリギリのところで人の優しさとか真実に救われることで成長するというもの。

「さぶ」は主人公の近くにいて、引き立て役というか損な役回りなんだけど、彼がいて初めてこの物語が成立するという存在。タイトルでもあるし。

女の子の登場人物もとても魅力的なので、何人かで読んで、誰が好きか議論するのも面白いかも。

「さぶ」と言えば、同じタイトルの雑誌があった。今もあるのかどうかは知らないが、私には衝撃的なものだった。

そのあたりは、いずれまた日を改めて。