ランニングと海が

海まで走って一休み。帰りも走るつもりが、気が変わってのんびり歩く。そんな日々も気づけば二十数年。50代も半ばを過ぎたgayの身辺雑記。

10月の総括(マラソン大会レビュー・201)

明日から11月。木枯らし第一号のニュースも届き、一気に季節が進んだようだ。恒例の総括を。

雨が多かったという印象が強かったが、私のところでは、平年の三倍ほどの降水量だったそうだ。二週続けて、台風の影響もあった。
月の後半は意識して走る時間を確保したので、200キロは走れた。前半の不調から、抜け出すことが出来たのは、まちがいなくランニングのおかげ。

これからの季節は、全国各地でマラソン大会が開催される。毎週末に大会参加する「猛者」も結構いらっしゃるのではないか。

今年はエントリーしていないが、関東のつくばや大田原、関西の泉州と福知山、静岡のしまだは走ったことがある。
どの大会にも、それぞれ忘れられない思い出があるが、フラットで走り易いのはつくば。
泉州としまだは、河川敷なので景色の変化も少なく疲れを感じるとタイムも悪くなってしまうというのは、ただの言い訳。
大田原と福知山はどちらも手強いコースで、参加者のレベルが高いなと感じる。昨年初めて、途中の関門(制限時間)を越えられなかったのが、大田原だった。

このブログを読んでくださる方の中でも、特にランニング愛好家のみなさん。上記の大会以外のお薦めがあれば、お教えください。