ランニングと海が

海まで走って一休み。帰りも走るつもりが、気が変わってのんびり歩く。そんな日々も気づけば二十数年。50代も半ばを過ぎたgayの身辺雑記。

今年初の

1月15日。少し前までは、成人の日だった。三連休にするために法律が変わって、もうどのくらい経つのだろうか。

さて、タイトルの「今年初」まずはランニングのことから。
大晦日から昨日まで、15日間全く走らなかった。今日から再開ということで、ゆったりしたペースで10キロ。とても気持ちよく走れたのが、単純に嬉しかった。明日も休みで、時間が取れそうなので午前中に走ることにしよう。

次に、昨夜は今年初の飲み会。職場の普段一緒に仕事をするチームというかグループの新年会だった。予想通りか、それ以上に楽しく和やかなものになった。年度末まで、あと二ヶ月余り。私自身はたぶん異動しないと思うが、こればかりは予想がつかない。
異動がなくても、チームのメンバーは入れ替えがあるので、良い雰囲気で仕事を進めて来られたことを再確認する機会にもなった。
職場の他のチームから、仲の良さを羨ましがられることもしばしばの、今のメンバーとの時間を大切にして、今年度を締めくくりたいものだ。

一方で、未だに「心ときめく」ようなことが何もない。身の回りにエロティックなものが皆無である。出会いとか、遭遇とか、体験とか…。悲しいことに、この部分は「今年初」どころか、どこまで遡ったらいいのか分からないくらいだ。
何も「活動」していないのだから当り前だと言ってしまうと、見も蓋もない。何か始めてみたい。何が良いのだろう?