ランニングと海が

海まで走って一休み。帰りも走るつもりが、気が変わってのんびり歩く。そんな日々も気づけば二十数年。50代も半ばを過ぎたgayの身辺雑記。

8月の総括(220)

今日から9月。防災の日である。猛烈な台風がまた近づいていて、列島直撃は間違いない状況である。皆さん、細心の注意を。

さて、本題の「総括」である。猛暑の中でも元気に過ごすことができたのが、何よりだった。
北海道マラソンは、現状では非常に良い結果だったと言える。天候に恵まれたので、最後までしっかり走れた。こんなことはめったにない。フルマラソンを走るようになって、20年ほど。通算で30回は走っていると思う(きちんと数えてはいないのが、いかにも私らしい…)が、ゴールした時に「きつくない」と感じたのは、わずかに3回。その内の1回が今年の北海道マラソンだった。年齢的にも、記録の向上は望めないと感じる中、わずかながら前年より良い結果(3時間56分弱)だったのは嬉しいことである。

人間は(というか私は)欲深いもので、「良かった、嬉しい」では終わらない。「こんな感じでゴールできるのだから、前半もう少しスピードを上げても良かったのではないか」とか、「そうしていたら、自己記録が出たかもしれない」とか…妄想はとどまるところを知らない。

そういう発想や傾向が、いかにも私らしいと改めて感じたところである。次に大会に参加するのは来年のGW になる。それまで、「妄想」を楽しみながら走っていこう。